クワガタ採集方法公開

ステッカー
 
* NEW 2021/7/15 更新
明日7月16日~18日 奄美大島に行ってきます、採集状況などは随時Twitterでツイートしていきます。
7月10日~21日に長崎県壱岐島にイキヒラタクワガタ狙いで行ってきました。

一泊二日の現地滞在20時間の弾丸採集でしたが、沢山のクワガタを見ることが出来ました!

特大は見つけることが出来ませんでしたが、イキヒラタ73㎜ノコギリクワガタ73㎜がとれました!

7月15日20:00公開予定! 長崎県壱岐島 クワガタ採集2021/7/10~11
 

* NEW 2021/7/1 更新
6月18日~20日に奄美大島に行ってきました。

アマミヒラタ58㎜、スジブトヒラタ48㎜、アマミノコギリクワガタ63㎜等がとれました!

この動画はHP限定動画になります、こちらからご覧ください

離島のクワガタ採集|奄美大島2021-6-18~20
 

* NEW 2021/6/30 更新
クワガタ飼育のページを随時更新中

イキヒラタクワガタ、サキシマヒラタクワガタ、オキナワノコギリクワガタの♂が羽化しだしました。

クワガタ飼育のページはこちらからどうぞ。

メンバー募集のページはこちらからどうぞ。
 

* NEW 2021/6/15 更新

YoutubeにてTwitterのフォロワーさん限定ライブ配信を不定期で行っています。

Twitterはこちら。限定動画のご視聴は、Twitterをフォローして頂く必要があります。

河川敷クワガタ愛好会のサイトからしか見れないYoutube限定公開動画のページを新設しました。

Youtube限定公開動画のページはこちらからどうぞ。
 


・最新のクワガタ採集動画 最新三作

2021年6月16日 和歌山県串本町の紀伊大島に知る人ぞ知る赤コクワの採集に行ってきました。

紀伊大島の赤コクワ|クワガタ採集
 

2021年6月11日 甥っ子がクワガタ採集に行きたいというので、一緒に採集してきました。

甥っ子と河川敷でクワガタ採集、親子でご視聴ください。
 

2021年6月9日 クワガタ採集に赤色LEDライトは有効なのか?検証してきました、クワガタ採集の必須品になるのか?!

クワガタ採集に赤色LEDライトは有効なのか?検証!
 

・2021年度 離島のクワガタ採集

2021年4月4日~5日 奄美大島にクワガタ採集の下見に行ってきました。

あいにくの雨と時期が早かったので、樹液採集は厳しかったのですが、アマミヒラタゲット。

離島のクワガタ採集|4月の奄美大島でアマミヒラタ65㎜ゲット!夜の部は奇虫ワールド閲覧注意

河川敷のクワガタ採集

皆さんは、河川敷でクワガタがとれるのをご存知でしょうか?
河川敷のクワガタ採集の魅力に、はまってしまい、
2017年度より、日本全国の1級河川の河川敷を巡り、クワガタ採集を楽しんでいます。
このサイトでは、河川敷でのクワガタ採集の方法、樹木の選び方、クワガタの種類を紹介しています。
日本地図

各地のクワガタ採集の様子をYouTubeにて公開しています。

下の青文字をクリックするとYouTube動画に移動します。

ほとんどの採集場所が初めて行く場所で、採集場所は、google mapなどから推測し決定します。         

2020年度は、コロナの影響であまりいけませんでしたが、2021年度はコロナが落ち着いていれば、いろんな地域で採集してみたいと思っています。

2021年度は、関西制覇のため奈良県と東海地方、北関東、福岡県などで採集してみたいなと思っています。
 

2020年度

滋賀県 野洲川河川敷 (コクワガタ、ヒラタクワガタ採集)
狙っていたポイントで、アキニレが見当たらず、ヤナギで採集。視聴者さんとの採集では、最初のクワガタを発見するまで苦労しましたが、時間がない中ラストポイントで、アキニレを発見、なんとかヒラタクワガタゲット!
 

兵庫県 猪名川河川敷 (コクワガタ採集)
整備されている河川敷内、採集できる範囲は限られそうですが、コクワガタの他ヒラタクワガタも発見、残念ながらヒラタクワガタの方は採集には至らず。
 

2019年度

高知県 物部川河川敷 (コクワガタ、ヒラタクワガタ採集)
採集の時期が早かったので、最初の方は苦戦しました。デカヒラタは発見できませんでしたが、マルバヤナギも多く、ベストシーズンに行けば沢山とれそうな感じです、魅力的な河川敷でした。
 

京都府 木津川河川敷 (コクワガタ、ヒラタクワガタ採集)
流域面積が広く、車で河川敷内に入れる所は少なそうなので、折り畳み自転車が活躍しました。増水などによりポイントは変化しそう。
 

宮城県 名取川河川敷 (ノコギリクワガタ、ミヤマクワガタ採集)
東北地方の方必見!ヤナギのノコギリクワガタ採集。さすがにアキニレは見つかりませんでした。ヤナギはたくさん生えており、ゴマダラカミキリがたくさんいてたのにはびっくりしました。
 

鹿児島県 川内川河川敷 (コクワガタ、ヒラタクワガタ、カブトムシ採集)
九州の河川敷は、道路沿いが綺麗に整備されているので、雑草地が少なくクワガタ採集するには難しい所が多いように感じました。ヤナギの樹木からヒラタクワガタを発見!
 

2018年度

徳島県 吉野川河川敷 (コクワガタ、ヒラタクワガタ採集)
吉野川河川敷は、流域面積が広くクワガタ採集には適している場所でした。アキニレを発見するまで時間がかかりましたが、狙い通りヒラタゲット!たくさんいそうな感じです。
 

宮崎県 大淀川河川敷 (ヒラタクワガタ、ノコギリクワガタ、カブトムシ採集)
採集に適したポイントを見つけるのに苦労しましたが、なんとかハルニレを発見、そこはなんとヒラタパラダイスでした。河川敷遠征最大のヒラタクワガタ68㎜ゲット!
 

東京都 荒川河川敷(カブトムシ、コクワガタ採集)
和歌山の田舎から、わざわざ東京にクワガタ採集に行く人っていませんよね? 23区内で何としてもクワガタを見つけたい思いで、採集に行きました。ここでもポイントを見つけるのに苦労しましたが、コクワガタ、カブトムシ発見!2019年の大増水で状況が変わっているかも?
 

2017年度

大阪府 大和川河川敷 (コクワガタ採集)
わずかに残る河川敷内の雑草地でコクワガタゲット!ヒラタクワガタも生息しているんだろうか?
 

大阪府 淀川河川敷(コクワガタ、ヒラタクワガタ、オオクワガタ採集)
まさかのオオクワガタゲット!放虫個体だと思われますが、、、河川敷は広大で街中にも関わらず、ヒラタクワガタやコクワガタは普通に生息しています。
 

和歌山県 日高川河川敷 (ヒラタクワガタ、コクワガタ採集)
河川敷内は整備されている所とされていない所があります。撮影時はヒラタクワガタとコクワガタでしたが、ノコギリクワガタも多く生息しています。
 

和歌山県 有田川河川敷 (コクワガタ採集)
撮影は、短時間だったのでコクワガタしかとれませんでしたが、ヒラタクワガタもいそうです。
 

和歌山県 紀の川河川敷 (ヒラタクワガタ、ノコギリクワガタ、コクワガタ採集)
地元の河川敷。増水や伐採により、ポイントは毎年変わります。三年以上、増水や伐採がなければ、沢山とれる場合もあります。


 

河川敷で採集できるクワガタ&甲虫



ヒラタクワガタ         

ヒラタクワガタ         

河川敷のクワガタ採集においては、是非とも見つけていただきたい種類。         

樹木の隙間や洞に潜んでいるため、発見しても取り逃がすことがあるため注意が必要。         

河川敷では、地域によって違ってきますが、関西では5月が狙い目。         

この時期は住み家を探すためか、樹木の幹で、うろうろしている個体を発見することもあります。         

大型個体は西日本に多く、北に行くほど小型化する。70㎜オーバーはやはり九州か?          

地元和歌山では、最大で68㎜程度、平均サイズは50㎜前後。
  ノコギリクワガタ         

ノコギリクワガタ         

北日本の河川敷では、一番メジャーな種類。         

日中は、ヤナギの樹木の枝分かれした部分で休憩していることが多い。         

枝についているノコギリクワガタをとろうと手を伸ばすと、落下して見失うことがあるため、昆虫網を下で受けた上で採集することをお勧めします。

ノコギリクワガタも発生初期が見つかりやすく、関西では6月がベストシーズン。         

地域により、大あごの突起に変異があり、比べてみるのも面白いかも。
  コクワガタ         

コクワガタ         

日本全国多くの地域に生息している身近な種類のクワガタ。         

河川敷でも広範囲に生息しています。         

ノコギリクワガタ同様、採集しようとすると、自ら落下することがあります。         

活動時期は長く、河川敷では、4月から10月頃まで見つけることができます。         

本土のコクワガタは、地域による差異は少ないようです。
  チビクワガタ         

チビクワガタ         

関東以西に生息している小型のクワガタ。         

樹液採集では、ほとんど見かけることなく、朽木、倒木の中に生息しています。         

材割採集で見つけることが出来るが、冬場に成虫は見られない。
  カブトムシ         

カブトムシ         

クワガタ採集には付きもののカブトムシ。インパクトがあるので、お子様は大喜び間違いなし。         

夜行性なので、日中の採集では、見かけることが少ない。         

河川敷でも生息していて、発生時期などは一本の樹木に10匹以上見つかることもあります。


コカブト         

コカブト         

樹液採集では、まず見かけることはありません。         

材割採集をしていると、たまに出てくることがあります。         

なかなか狙ってとれる種類ではないように思います。


なぜ河川敷でクワガタ採集なのか?

昔の思い出

今はいい歳したおっさんですが、さかのぼること数十年。

それは小学生の頃でした。よく河川敷には遊びに行ったり、ハゼ釣りに行ったりしましたが、河川敷といえばバッタ。

当然、クワガタ採集でイメージするような雑木林の大きなクヌギはそこにはありませんでした。

当時は、虫取り網をもって、河川敷内の公園によくバッタやカマキリをとりに行っていたのですが、そこで衝撃が走りました。前から歩いてきた虫取り少年の、虫かごが、なんとノコギリクワガタやコクワガタ(昔のことなので記憶があいまいですが、)でいっぱいだったのです!見ず知らずの少年だったので、どこでとれたのかを聞いても教えてくれませんでした。

ひょっとしてあのクワガタは家から持ってきたのか?当時はとても不思議な感じだったのですが、少しずつ時間とともに記憶が薄れていきました。         

あれから歳をとること数十年、当時日本産淡水魚のブログをやっていた仲間から、河川敷でクワガタがとれたから、一緒に行ってみない?というお誘いを受けました。早速同行させていただくと、当時でも複数とることが難しかったヒラタクワガタを10匹以上見つけることができました。         

そうです、今までの記憶の点が線としてつながったのです!         

それ以来、またクワガタ採集の楽しさにはまってしまい、河川敷へと向かってしまうのです。


 

河川敷のクワガタ採集がおすすめな理由と注意点

河川敷のクワガタ採集をおすすめする理由

① 一級河川のほとんどは、国有地で国が管理しているため、雑木林の採集で考えられる所有者や、地域住民等とのトラブルはない。ゆえに気兼ねなしに採集できる。

② 採集場所の樹木は、台風、大雨などの時に浸水するような場所になるので、大木にはなりにくく、低木が多く、脚立等必要なしで採集できる。また日中でも採集しやすい。         

③ 浸水などにより、ポイントが消滅してしまうことがあるが、行政による修復がなければ、新しい樹木が芽生え、時間の経過によりポイントは復活する。以前よりクワガタにとっての環境が良くなる場合もあります。

河川敷のクワガタ採集における注意点

① 浸水、洪水などにより、ポイントが破壊されたうえ、行政の指示により堤防等が築かれ更地化された上でグラウンド等になってしまう場合。         

② クワガタの採集者は少ないからゆえに、ほとんど誰も踏み入れていない採集場所は、ダニ、ハチ、ヘビなどの危険がいっぱい。またイバラや、かぶれる可能性のある樹木にも注意が必要です。


                      

河川敷のクワガタ採集方法

クワガタを見つける上で、一番重要なのはクワガタの好む樹木を見つける事です。            

やみくもに手当たり次第、樹木を探し回っても、クワガタは簡単には見つかりません、まずはクワガタの集まる樹木を知ることから始めましょう。            

雑木林の採集では、クヌギやコナラが中心の採集になりますが、河川敷では、ニレやヤナギの樹木になりますので、雑木林の採集しかされていない方は、最初の一頭を見つけるまで苦労するかもしれませんが、コツをつかむと簡単にクワガタをとることができるようになります。            

ここでは河川敷でクワガタの集まる樹木を紹介します。            

樹木の大体の感じは動画を参考に、葉っぱの特徴は写真を参考にしていただき、クワガタの集まる樹木の選定の参考にしてください。


スマホを使って樹木を見分ける方法
クワガタの好む樹木を現地ですぐ見分ける方法を動画にしました。
クワガタ採集方法 Googleレンズが凄すぎる件!
Googleレンズをご存知でしょうか?現地で調べたい樹木の葉っぱを、スマホで撮影してGoogleレンズで調べるだけで類似の樹木が表示できるので、樹木の種類がすぐ分かります。 最新のスマホには、Googleレンズが内蔵されています。またアプリを取り込むことによっても出来るので是非お試し下さい。
 

関連動画 下の青文字をクリックするとYouTubeに移動します。

河川敷のクワガタ採集方法、樹木の説明

河川敷でヒラタクワガタを狙うなら、アキニレ

ノコギリクワガタやコクワガタ狙いのマルバヤナギ



必見!クワガタの集まる樹木

           アキニレ         

アキニレ         

関西の河川敷で、ヒラタクワガタを狙うならアキニレに限ります。         

分布は、西日本中心となっていますが、東京の荒川でも確認することが出来ました。         

若い樹木のうちに、カミキリムシなどに食害されることによって樹液が出るとクワガタにとって最高の住み家になります。         

食害されていないアキニレの樹木にはクワガタは集まってきません。         

特に単独で生育していて、根本で枝分かれしているアキニレは最高で、一本の樹木に10匹以上のヒラタクワガタが潜んでいるようなこともあります。
  ハルニレ          

ハルニレ         

地元の和歌山県では、まだハルニレは見つけたことがありません。         

全国河川敷採集では、宮崎県と高知県の河川敷でハルニレを見つけることができました。         

ハルニレとアキニレは、幹の見た目はよく似ているのですが、葉の大きさが全然違うので区別がつきます。          

ハルニレの葉は、大きいものは8㎝程度、アキニレは大きくて4㎝程度です。         

アキニレと同じく食害された樹木は、ヒラタクワガタの絶好の住み家になります。
  マルバヤナギ         

マルバヤナギ         

ヤナギの種類は、かなり多く見分けが難しいと言われます。         

全てのヤナギで、クワガタが見つかる訳ではなく、街中に植樹されているシダレヤナギなどにはクワガタはつきません。また地域によっても、クワガタがつくヤナギの種類は違ってくるようです。         

地元の和歌山県の場合、クワガタが生息しているのはこのマルバヤナギで、カワヤナギの方がたくさんありますが、クワガタがついていることをみたことがありません。。         

その一方で、東北の宮城県では、カワヤナギにたくさんのノコギリクワガタを見つけることが出来ました。またゴマダラカミキリも沢山いたのが印象に残っています。                  

全国河川敷採集では、高知県でたくさんのマルバヤナギを見つけることができました。
           オニグルミ         

オニグルミ         

北関東の方では、ノコギリクワガタやコクワガタがついているらしいのだが未確認

来年は、北関東の方で、オニグルミの樹についているノコギリクワガタをつかまえてみたい!

夏の時期は、実がついているので見分けやすい。         

地元和歌山でも、オニグルミは自生している所があるのですが、真剣に調べたことがないので、一度調べてみたいと思います。
 

ここからは河川敷に限らず、クワガタの付く樹木の紹介をさせていただきます。
        クヌギ          

クヌギ         

クヌギが河川敷で生育している事は少ないのですが、クワガタ採集では一番有名な樹木ですね。

葉っぱの特徴で見分けがつきにくい方は、秋頃にドングリの実が周辺に落ちていないか調べてみてください。

25㎜前後の大きなドングリの実が、足元に転がっていれば、近くにクヌギがあります。         

クワガタ採集において、どの樹木でも同じなのですが、対象の樹木を見つけたからといっても、必ずクワガタが、見つかるわけではありません、樹木を見つけてから、樹液が出ていないかとか、カナブン等他の甲虫が飛んできていないかとか調べることが重要になってきます。
          コナラ          

コナラ         

クヌギと同様、雑木林のクワガタ採集において有名な樹木です。

地元の和歌山ではクヌギよりコナラの方が多い印象で、何本かまとまって生えている感じです。
          アカメガシワ          

アカメガシワ         

クヌギやコナラでとり慣れている方にとっては、こんな樹木でとれるの?って感じなのですが、このアカメガシワは、クヌギやコナラが近くに生えていないような場所でのみ実力を発揮します。

枝先で見つかることは少なく、幹にカミキリムシなどが開けた穴などにヒラタクワガタが潜んでいる場合があります。

クワガタの付く樹木には、順番がありその地域、時期での一番の樹木を知ること重要です。
          タブノキ          

タブノキ         

沖縄地方では、よくタブノキでクワガタが採集できるそうですが、まだ未確認

2020年度の壱岐島遠征では、タブノキでイキヒラタクワガタの71㎜と73㎜をゲットしました。         

洞というより樹液に集まってくる感じなので、夜もいけそう。
  ショウロウクサギ          

ショウロウクサギ         

与那国島遠征では、ショウロウクサギにサキシマヒラタクワガタが、数匹がまとまって樹液に吸い付いている光景は衝撃的でした。

与那国島ではカラスが生息しないのでそういった光景が見られるのではないのかなと思っています。

沖縄本島に日帰り採集に行った際には、クサギでオキナワヒラタクワガタとオキナワノコギリクワガタをゲットすることが出来ました。
  キールンカンコノキ          

キールンカンコノキ         

与那国島遠征の際に教えていただいた樹木

割と高木になり、洞もできるので、クヌギ採集に近い感じの樹木です。

葉っぱの筋が鮮明で特徴的。
  ムクゲ          

ムクゲ         

壱岐島遠征の際に、偶然クワガタがついているのを見かけました。

ついていたのは、ノコギリクワガタとコクワガタでしたが、調べるとカブトムシもよく来るらしい。

特徴のある葉っぱなので、覚えておいても損はないでしょう。

アキニレの隣でもクワガタがついていたので、見つけた際には要チェック!ただ移入種らしいので、探しても見つかる樹木ではなさそう。

 


河川敷の材割クワガタ採集

コクワガタの幼虫

コクワガタの幼虫

河川敷の樹液採集では、よくクワガタをつかまえていたのですが、幼虫がどこで育っているのか気になっていました。

樹液採集できる場所のすぐ近くでは、クワガタの成虫が成育できそうな材が見当たりません。

2020年度の年末より、何回か材割採集をしてみて、謎が解けてきました。

コクワガタの幼虫は、ある程度の大きさの材があれば、普通に繫殖できているようです。

動画にあるような所では、かなりの数が繫殖しているように思われます。

かなり細い枝のような樹木にも幼虫が見られたのですが、これらは無事に成虫まで育つのか疑問なところがあります。

コツをつかむと、面白いように採集できるので、必要以上に持ち帰らないように注意が必要だと思います。

参考ビデオはこちら→河川敷の材割クワガタ採集
 

伐採後の河川敷で材割採集

アキニレが沢山生えていて、樹木採集でヒラタクワガタやコクワガタ等が沢山とれていた河川敷があったのですが、その河川敷が河川改修により周辺一帯が伐採されてしまいました。

絶望的な状況なのですが、クワガタの幼虫なら生き延びているのではないかと思い調査に行ってきました。

2020年9月に伐採されて、2021年2月の採集なので、あたり一面は雑草が生い茂っています。

伐採後、大きな樹木等ほとんどは運び出されていましたが、一部の場所には伐採された材や以前からの切り株や材が残されていたので、その中でクワガタがいそうな材を探してみました。 
ヒラタクワガタの幼虫

ヒラタクワガタと思われる幼虫

クワガタの幼虫は、見分けが難しく状況や大きさによって判断しているので間違っているかもしれません。

この個体は地中に埋まっていた材から出てきました。 
材割から出てきたコクワガタ♀

コクワガタの新成虫

転がっていた材なので、幼虫期間は1年も経っていないと思われますが、新成虫が出てきました。 
カブトとクワガタの幼虫

今回の成果

二人で一時間ほどの採集でしたが、カブトとクワガタの幼虫を採集する事が出来ました。

1つ見つけると、周りにも見つかるので、面白いようにとれますね。
カブトの幼虫37g

カブトとクワガタの重さ

今回採集したカブトとクワガタの重さを量ってみました。

クワガタは最大で6g、カブトはなんと37gもありました!

参考ビデオはこちら→検証!伐採された河川敷でクワガタの幼虫は採集できるのか?
  ヒラタクワガタの幼虫10g

参考ビデオはこちら→視聴者さん参加企画 伐採後の河川敷くわがた材割採集
 

離島のクワガタ採集

     

2019年度は、長崎県壱岐島イキヒラタクワガタを採集に行き、70㎜オーバーのヒラタクワガタが樹木についている状況に驚愕、そこで離島でのクワガタ採集の楽しさを覚えてしまいました。

2020年度は、沖縄県与那国島長崎県壱岐島沖縄県沖縄本島でクワガタ採集をしてきました。

沖縄県与那国島では、樹木の違いに戸惑い、自力では見つけることができませんでしたが、地元の視聴者さんの協力のもと、サキシマヒラタを採集することが出来ました。沖縄本島では、関西から日帰りクワガタ採集という無謀な挑戦をしたのですが、与那国島の経験を活かし、クサギでなんとかオキナワヒラタクワガタとオキナワノコギリクワガタを採集することが出来ました。

2021年度は、長崎県壱岐島&対馬鹿児島県奄美大島に行けたらいいな。いや行きたい。行く予定?


 

鹿児島、沖縄の離島地図 長崎県離島の地図


日本全国には、クワガタが生息している多くの離島があります。
その中でも、魅力的な離島ヒラタが見られるのは、長崎県の離島と西南諸島です。
毎年少しずつですが、これらの離島ヒラタを狙って採集に出かけています。
 


長崎県離島のヒラタクワガタ

・ツシマヒラタクワガタ
  対馬
・チョウセンヒラタクワガタ
  対馬
・イキヒラタクワガタ 【採集済】
  壱岐島
・ゴトウヒラタクワガタ
  五島列島|福江島、中通島等
 

南西諸島(鹿児島、沖縄方面)の離島ヒラタクワガタ

・タカラヒラタクワガタ【採集禁止】
  トカラ列島|宝島、小宝島
・アマミヒラタクワガタ
  奄美諸島|奄美大島、加計呂麻島等
・スジブトヒラタクワガタ
  奄美諸島|奄美大島、加計呂麻島、与路島、請島、徳之島
・トクノシマヒラタクワガタ
  徳之島
・オキノエラブヒラタクワガタ
  沖永良部島
・ダイトウヒラタクワガタ
  大東諸島|北大東島、南大東島
・オキナワヒラタクワガタ 【採集済】
  沖縄諸島|沖縄本島、宮古島等
・サキシマヒラタクワガタ 【採集済】
  八重山列島|石垣島、竹富島、小浜島、黒島、新城嶋、西表島、鳩間島、与那国島
   

クワガタ採集系YouTuberさん紹介

     
      

ここでは、YouTubeで主にクワガタ採集の動画を投稿されているYouTuberさんを紹介させていただきます。

掲載料金は無料ですが、規定の条件があります。掲載希望の方は、下記Eメールまたはtwitterにて連絡ください。

①YouTubeにクワガタ、カブトムシの採集動画を投稿されている方         

②動画数が20動画以上アップロードされている方。         

クワガタ飼育動画中心の方や、違うジャンルの動画があっても、クワガタ採集動画を出していればOKです!                

チャンネル登録者数は、何人でもOK!          

このサイトでは、クワガタ採集動画を頑張っている人を応援します。         

クワガタ採集動画を盛り上げていきましょう。

掲載は都合により予告なく終了する場合があります。

        

イベント企画

YouTube&ホームページ。プレゼント企画第二弾!ゲーム形式。イキヒラタクワガタWF1 最大75㎜他ペアで3名様

この企画は、終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。

今回は、事前エントリーが必要です。YouTube動画への参加コメントをお願いします。ゲーム開始10分前に、こちらが「間もなくゲームが始まります」のコメントを入れますと受付終了になります。
日頃のYouTubeご視聴の感謝といたしまして、イキヒラタクワガタWF1♂75~65㎜♀37~35㎜のペアを、3名様にプレゼント。
応募方法は、このホームページでリンク先(イキヒラタクワガタ)を発見し、そのページに出題された問題を、YouTubeのコメント欄に回答いただくものになります。
このホームページに隠されているリンク(単語)をクリックすると、イキヒラタクワガタの写真と問題が現れますので、誰よりも早くYouTubeのプレゼント動画のコメント欄に回答を記入して下さい。こちらが正解確認のコメントをしましたら見事ゲットになります。
参加資格は、YouTubeのチャンネル登録していただいている方
隠れている問題は3か所、3種類。ハズレのリンクも用意しております。皆様のご参加お待ちしております。
YouTubeでの告知(ゲームの説明&エントリー) 2020/9/9(水)PM8:00頃予定
ゲームスタート(ホームページの更新) 2020/9/12(土) PM8:00
  注意事項
責任をもってクワガタを飼育できる方、ヒラタクワガタは、地域により個体差があります絶対放虫はしないでください。
おひとり様、一つの問題しか回答できません。複数回答いたしますと失格になります。タイミングにより二番目になった場合は、別の問題に回答していただいてもOKです。
送料は負担いたしますが、死着保証はありません。
上の送料が、テスト用のリンクになります。ゲームスタート(ホームページの更新)するまで、リンク先は探しても出ません。またホームページは予定時間に更新いたしますが、視聴者さんご自身の端末は、ご自身で更新していただかないと、自動更新されない場合がありますのでご注意ください。
問題は、今までのYouTubeの動画内容が出題されます。
回答は新たにコメントしてください。参加コメントに上書きされますと、順番が分からなくなるので無効になります。 
 YouTube&ホームページ。プレゼント企画第一弾!和歌山産クワガタ!採集企画
この企画は終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。第二弾も検討中です。
日頃のYouTubeご視聴の感謝といたしまして、和歌山産ヒラタクワガタWF1♂63~59㎜♀32~33㎜のペアを、5名様にプレゼント。
応募方法はこのホームページでクワガタを採集していただくというものになります。
このホームページに隠されているリンク(単語)をクリックすると、4桁のパスワードが現れますので、誰よりも早くYouTubeのプレゼント動画のコメント欄にパスワードを記入し、こちらが確認のコメントしましたら見事ゲットになります。
参加資格はYouTubeのチャンネル登録していただいている方
隠れているパスワードは5か所、5種類。各種類共一番最初にコメントされた方が獲得できます。
YouTubeでの告知(ゲームの説明) ゲームの説明動画⇐YouTubeにアップロード済み 
ゲームスタート(ホームページの更新) 2020/8/29(土) PM8:00
  注意事項
責任をもってクワガタを飼育できる方
おひとり様、一つのパスワードしか記入できません、複数パスワードを記入いたしますと失格になります。タイミングにより二番目になった場合は、削除して別のパスワードを記入していただいてもOKです。
送料は負担いたしますが、死着保証はありません。
予想通りゲームを上手く運営できるかわかりませんが、好評でしたら、第二弾も実施いたします。
上の第二弾がテスト用のリンクになります。ゲームスタート(ホームページの更新)するまで、リンク先は探しても出ませんのでご注意ください。

河川敷クワガタ愛好会のステッカー無料配布中  ステッカーのサイズ14㎝×7㎝

おかげさまで、youtubeの登録者数3,000人達成いたしました。ありがとうございます。視聴していただいている日頃の感謝といたしましてYouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローしていただいている方限定で、ステッカーをプレゼントさせていただきます。
ご希望の方は、YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローしていただいたうえで、Twitterのダイレクトメッセージからご連絡ください。

必要事項 お名前、郵便番号、住所と、ステッカー希望とのメッセージ 

募集期間 2020/7/25~2020/8/31 期間延長しました! 

受付の返信は必ずさせていただきます、多忙につき遅れることが考えられますので、ご承知おきください。


Company