イキヒラタクワガタ

イキヒラタクワガタ
イキヒラタクワガタの種親
エイト血統



・2019-2020 飼育実績
♂最大75㎜(幼虫時最大21g)♀最大46㎜(幼虫時最大14g)で、菌糸ビン飼育の温度管理個体が一番大きくなりました。
2019年度よりブリードを始めたイキヒラタクワガタですが、2020年度は今年採集してきたWDの♂75㎜と昨年からブリードしたWF1の♀46㎜から50頭ほどの幼虫がとれましたので、それらをブリードしています。
自ら採集してきた、良い血統だと思われますので、私だけでなくTwitterやYoutubeで交流のある方にもブリードしていただいていますので、それらの個体も、順次報告していきたいと思います。
 

・イキヒラタクワガタで80㎜オーバーを狙うぞ企画の参加者様紹介
いちごさん
オオクワガタを主に飼育されています、最近はパラワンやスマトラなど外国産もブリードされているようです。
いちごさんのTwitterはこちら
経過報告
イキヒラタクワガタの幼虫24g 2021/1/14

いちごさん飼育のイキヒラタから24gの幼虫が出ました。
♂は24g、23g、21g ♀の最大も10gあります。すごい‼ これからが楽しみですね。


ホペさとさん
youtubeをされていて、ホペイオオクワガタ他、いろいろな種類のクワガタをブリードされているようです。
ホペさとさんのYoutubeはこちら
ホペさとさんのTwitterはこちら
経過報告
2021/1/17

ホペさとさん飼育のイキヒラタから22gの幼虫が3匹も出ました。今後が凄く楽しみです!


かやまろとっちさん
国産のクワガタをたくさん飼育されていて、ヒメオオクワガタやミヤマクワガタなど低温飼育種などもブリードされています。
かやまろとっちさんのTwitterはこちら
経過報告
イキヒラタクワガタの幼虫♀9g

2020/12/21
かやまろとっちさん飼育のイキヒラタは残念ながら、全て♀のようです。
32分の1なんやけど、残念。 ♀の最大体重は、9gです。


参加者募集中 2020年11月末まで
今年度の募集締め切りました!
①幼虫の引き取りに来れる方
②ビン交換時に個体の重さと、羽化時の個体の大きさのデータを提供していただける方
③ある程度のクワガタ飼育経験のある方
④Twitterのフォローしていただいている方
詳しくはTwitterをご覧ください。 このホームページに飼育記録を紹介していく予定です。

幼虫の譲渡、販売はNGですが、成虫の記録がとれてからの譲渡、販売はOKです。

 


・産卵セットから割り出しまで
イキヒラタクワガタの幼虫
 

2020年8月17日  WDの♂75㎜とWF1の♀46㎜の産卵セット開始
2020年9月23日  一度目の割り出し、確実に目に入ったものを取り出し、親虫を新たな産卵セットに移動。幼虫約20頭
2020年10月2日  しばらく寝かせていたセットの埋め込みの材とマットから、幼虫約20頭
2020年10月11日  二度目の産卵セット割り出し、幼虫約10頭
2020年11月2日  親虫とともに、まだ数頭確認できます。 爆産しました!

 
・幼虫の飼育環境

エイトが管理しているのは約25頭
① 冷温庫25℃ 菌糸ビン800mlで単独飼育 6頭
② 冷温庫25℃ 菌糸ビン800mlで複数飼育 3×3頭
③ 常温  菌糸ビン800mlで単独飼育 5頭
④ 常温  発酵マットのバナナ飼育 5頭

 
幼虫の飼育状況  【随時更新】

2020/11/2
一頭だけ菌糸ビン交換。
デカい二令幼虫がいましたので、1400mlボトルに交換しました。VIP待遇(笑)

 
イキヒラタクワガタの二令幼虫

2020/11/29
②菌糸ビン複数飼育のビン交換
実験として複数飼育している菌糸ビンの交換をしました。

 
イキヒラタクワガタの複数飼育

複数飼育しても死んでしまった個体はありませんでした。
サンプル数が少ないので、なんとも言えませんが♀は上の方、♂は下の方にいる傾向です。

 
ヒラタの幼虫11g

今回、交換した個体の中で最大体重は11gでした。

 


2020/12/19
①飼育ビン単独飼育のビン交換
もう少しで単独飼育している個体のビン交換の時期なのですが、待ちきれずに1頭だけ取り出してみました。
重さは、微妙な20gでした!昨年の経験上70㎜は超えそうですが、これ以上の伸びしろはあるのでしょうか?
その他の単独飼育している個体は、年末にビン交換の予定です。

 
イキヒラタクワガタ20g

2020/12/29
①飼育ビン単独飼育のビン交換
飼育ビン飼育の大きくなっていそうな♂と思われる4頭のエサ交換をしました。
室温飼育が2頭と冷温庫25℃設定が2頭
最大サイズは冷温庫飼育の21gでした!

 
イキヒラタクワガタ21g


サキシマヒラタクワガタ

サキシマヒラタの幼虫

2020年6月に採集してきたワイルドの♀39㎜を産卵セットに入れたのですが、すぐには産卵しなかったのでワイルドの♂65㎜を投入したところ、なんとか11頭の幼虫をとることが出来ました。

 
・幼虫の飼育環境
① 冷温庫25℃ 菌糸ビン800mlで単独飼育 3頭
② 冷温庫25℃ 菌糸ビン800mlで複数飼育 3頭
③ 常温  発酵マット800mlで単独飼育 3頭
④ 常温  発酵マットのバナナ飼育 2頭

発酵マットの中にバナナを入れて飼育する方法は、Twitterで知り合った栗田さんから教わって挑戦しています。

 
・幼虫の飼育状況 【随時更新】
2020/11/2

イキヒラタより生まれる時期は早かったと思われるが、11月2日現在一番大きい幼虫で、二令幼虫だと思われます。

 
サキシマヒラタクワガタの二令幼虫

2020/11/20

サキシマヒラタクワガタの出世頭、まだ少し早かったのですが菌糸ビン交換。1400mlの菌糸ビンへ

 
サキシマヒラタクワガタの幼虫

2020/12/2

菌糸ビン組の菌糸ビンの交換をしました。
一番大きな個体は、23gありました。デカい!本土ヒラタなら70㎜を超えると思われますが、サキシマヒラタクワガタはどうなんでしょうか?

 
ヒラタの幼虫23g

2021/2/6

今年度、飼育分で一番早いサキシマヒラタクワガタの♀が羽化してきました。
幼虫最終サイズが8gで、40㎜の大きさになりました。

 
サキシマヒラタ♀40㎜

沖縄ノコギリクワガタ&沖縄ヒラタクワガタ

沖縄のクワガタ

2020年8月に沖縄本島で採集してきたオキノコとオキヒラのワイルド♀を産卵セットに組みました。
産卵ケースの余裕がなく、2種類のクワガタを同じセットに組んだ所、10頭の幼虫が得られました。
まだ見分けがつかないので、どちらかは、成虫になってからのお楽しみになりそうです。3令幼虫になると分かるかな?

 
・幼虫の飼育環境

① 冷温庫25℃ プリンカップで単独飼育 2頭
② 冷温庫25℃ プリンカップで複数飼育 3頭
③ 冷温庫25℃ 菌糸ビン800mlで複数飼育 5頭

 
幼虫の飼育状況 【随時更新】
2020/11/15

沖縄本島のクワガタの幼虫のエサ交換をしました。

 
沖縄本島のクワガタ幼虫

一番大きな幼虫は、7gありました。

 
オキナワノコギリクワガタの幼虫

おそらくノコギリクワガタの幼虫だと思いますが、どうなんでしょうか?

 
ノコギリクワガタの幼虫

2021/1/9

菌糸ビン飼育している沖縄本島の幼虫4頭のエサ交換をしました。
♂と思われるもの2頭で9gと10g、♀と思われるもの2頭で6gと7gでした。
そろそろオキナワヒラタクワガタか、オキナワノコギリクワガタかの判別ができそうですけども、分かりません。
分かる方がいらっしゃいましたら、Twitterでこっそり教えてくださいね。

 
沖縄本島のクワガタ幼虫10g

和歌山産ヒラタクワガタ

     
和歌山産ヒラタクワガタ

和歌山産ヒラタクワガタは、昨年度ブリードして、最大で幼虫体重16g、成虫64㎜でした。
菌糸ビン飼育を多めに、マットでも飼育しましたが、なかなか大きな個体は出せていません。
和歌山産ヒラタのワイルド個体には、菌糸ビンは合っていないような気がします。

 
2020/12/27

材割採集した和歌山産のクワガタを飼育することにしました。
一令と二令幼虫、2頭
まだヒラタかコクワかわかりません

 
材割採集
材割採集


クワガタの幼虫のバナナ飼育

クワガタの幼虫、バナナ飼育

マット飼育に、バナナも一緒に入れて飼育したら、クワガタの幼虫が大きくなったという話を聞きましたので、バナナ飼育に挑戦しています。
菌糸ビンを利用して、バナナを約5等分にし、底と中段部分に4切ほど入れています。
通常飼育とでは、どの程度変わってくるのか楽しみです。

 
2020/12/19

バナナ飼育のビン交換をしました。
サキシマヒラタクワガタを2頭、イキヒラタクワガタを3頭飼育していて、すべてエサ交換しました。

 
サキシマヒラタクワガタのバナナ飼育

サキシマヒラタクワガタは2頭とも10g、イキヒラタクワガタは3頭とも2令幼虫でした。
次回も同じようにバナナをセットして飼育していきます。

 


Company